スポンサーリンク

凄かった

色々と凄かった

てか今年の競馬は凄すぎる

まず同年に牡牝で無敗の三冠馬誕生するし

牡コントレイル

牝デアリングタクト

三冠馬ですらたまにしか出ないのに

まさかの無敗の三冠が同年にって

アーモンドアイはG1最多勝更新するし

その三頭がジャパンカップ(以降JC)で初対決するし

本当はアーモンドアイは香港のG1で引退するはずだったけど中止になってJCへ変更

アーモンドアイの引退レースに無敗の三冠馬が二頭

アーモンドアイも2年前の三冠馬

三冠三頭の対決とか初

他にも実力のある馬がしっかり集まったし

そんな馬が集まってんのに上記の三頭が凄すぎて完全三強対決扱いだし

オッズも

勝・複勝オッズ(馬番順)
枠番 馬番 馬名 単勝 複勝(3着払い) 性齢 馬体重 負担重量 騎手 調教師
枠1白 1 カレンブーケドール 24.9 2.24.0 牝4 474(+2) 55.0 津村 明秀 国枝 栄
枠2黒 2 アーモンドアイ 2.2 1.11.4 牝5 490(0) 55.0 C.ルメール 国枝 栄
3 ワールドプレミア 45.4 4.58.6 牡4 482(-10) 57.0 武 豊 友道 康夫
枠3赤 4 キセキ 44.6 3.77.0 牡6 508(0) 57.0 浜中 俊 角居 勝彦
5 デアリングタクト 3.7 1.21.9 牝3 474(-6) 53.0 松山 弘平 杉山 晴紀
枠4青 6 コントレイル 2.8 1.11.7 牡3 456(-2) 55.0 福永 祐一 矢作 芳人
7 ミッキースワロー 216.2 10.520.7 牡6 478(+4) 57.0 戸崎 圭太 菊沢 隆徳
枠5黄 8 ウェイトゥパリス 136.9 11.422.7 牡7 478(前計不) 57.0 M.デムーロ A.マルチアリス
9 トーラスジェミニ 460.3 40.882.1 牡4 488(+4) 57.0 田辺 裕信 小桧山 悟
枠6緑 10 パフォーマプロミス 312.5 21.042.1 牡8 466(-2) 57.0 岩田 望来 藤原 英昭
11 クレッシェンドラヴ 432.9 27.855.8 牡6 500(+6) 57.0 内田 博幸 林 徹
枠7橙 12 マカヒキ 226.1 14.829.4 牡7 502(+8) 57.0 三浦 皇成 友道 康夫
13 ユーキャンスマイル 101.1 6.111.8 牡5 498(+2) 57.0 岩田 康誠 友道 康夫
枠8桃 14 ヨシオ 321.6 27.655.5 牡7 486(+12) 57.0 勝浦 正樹 森 秀行
15 グローリーヴェイズ 17.2 2.13.7 牡5 464(+8) 57.0 川田 将雅 尾関 知人

JRAホームページから引用

スポンサーリンク

と完全三強

オッズってのは賭けた際の倍率のこと

低い程人気で配当も低いってこと

そして着順

馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差
1着 枠2黒 2 アーモンドアイ 牝5 55.0 C.ルメール 2:23.0
2着 枠4青 6 コントレイル 牡3 55.0 福永 祐一 2:23.2 1 1/4
3着 枠3赤 5 デアリングタクト 牝3 53.0 松山 弘平 2:23.2 クビ

JRAホームページから引用

 

人気通りの決着

たしかに三強対決だけど

こんな人気通りに収まるなんて思ってもなかった

そして無敗の三冠両馬に初黒星をつけたアーモンドアイ流石!

そして前走で自分が作ったG1最多勝利をまた1つ更新

JCの賞金が足されて獲得賞金も歴代1位に

凄すぎる

凄すぎるしか出てこない

名実ともに歴代№1だ

過去にも沢山の名馬が居たけどそれぞれ色んな理由で引退してるから実力が歴代№1かは置いといてね

G1最多勝、獲得賞金1位って凄い記録だし

2018年のJCでは過去の記録を大幅に更新するレコードタイムで勝ってるし

引退レースの2020年JCでは同年誕生の無敗の三冠馬二頭を倒しての勝利だから

凄いでしょ

過去の名馬のテイエムオペラオーの時代が現代の賞金金額だったら

とか

サイレンススズカがケガをしてなかったら

とか

ディープインパクトがあと1年走っていたら

とか無しだよ

時代の流れ

ケガをしなかったら、あと1年走っていたら勝ち続けてたのかなんて分かんないし

取り合えず今までの記録を更新し、新世代の名馬を倒したアーモンドアイおめでとう

そしてお疲れ様でした

アーモンドアイが引退して居なくなるのは寂しいけど強い子供を産んでね

スポンサーリンク